旧ブログを見る

私の自動車五十年史 第七回

2017-02-02

カテゴリー:私の自動車五十年史



『私の自動車五十年史』   第七回      代表取締役会長 河村益孝                 

 

誰もが根を上げる、きつく汚く汗まみれの仕事(今の3K)を何故選んだかは
 
先にも書いた、昼食の素晴らしさと賃金が良いとの欲の絡みからである。
 
小学校時代には虚弱体質で、よく熱を出して学校を休んだ。
 
この中には、学校がおもしろくなくて仮病を使って休むことも度々あった。
 
中学校三年間は、休むことなく出席した。それは学校が楽しかったからだ。
 
話は少し逸れたが、小柄で弱弱しい体つきの私に

土木建設業の社長は、「土方の仕事はきついぞー、ついて来れるか?」と

如何にも途中で根を上げると言わんばかりの言葉を吐いた。
 
一日目、二日目と本当にきつかった。

果たして最後まで続くかと当初自信もなく辛かった。

が、とにかく今日一日頑張ろうと決意を心に抱いて臨んだ。
 
一週間が過ぎ、二週間が過ぎると体が慣れて来るのか、

苦しさの闘値が徐々に下がり始め、結局最後まで勤め上げたのである。
 
私の出勤振り、働き振りを見ていた社長は、

「当初はいつ辞める?いつ辞める? と思っていたが、良く続いたなぁ」と褒めてくれた。
 
そして、「次の休みもまた来てくれ」と言ってくれた。
 
この頃、同級生の友人が剣道部に入り、

体力づくりにとバーベル代わりに荷車の車輪を我が家に持ち込んだ。
 
また庭の松の木に吊り輪を作り、二人して筋トレをした。
 
腕立て伏せは百回、吊り輪での懸垂は五十回は軽く、

毎日続けるうちに体の形が変わり始め、力仕事が楽しくなり始めた。
 
体の弱い、虚弱体質の子供がかくて、

丈夫で筋骨たくましい体に変身することが出来たのは、アルバイトの土方仕事のお陰である。

 

(つづく)


内容

コメント一覧

コメントはありません

ページトップへ